街のおくすり屋さん

登録販売者としてドラッグストアで働いています。おすすめ商品の紹介やその他のお話もできたらいいななんて

今年は花粉シーズン早いらしい

 くしゃみをしている人のイラスト(花粉症)

こんにちは。まだまだインフルエンザと風邪が続く季節ですがもう既に花粉にやられている方がちらほらいるみたいです。花粉飛散量は例年通り~それよりやや多いことが予測されていますが、花粉症を発症する方は例年より少し早いみたいです。

スタートが遅れてしまいましたが今日はアレルギーのお薬の話をしていきます。

 

 

もくじ

 

 

風邪とアレルギー性鼻炎の症状は違う

鼻風邪なのかアレルギーなのかいまいちわからない時はまず症状を見てみましょう。

 

アレルギー性鼻炎

・くしゃみがよくでる

・鼻水はさらっとしている

・目がかゆい

・花粉飛散の時期に発症する(花粉症)

・年中発症している(他のアレルギー)

 

風邪

・鼻水は始めは水っぽかったが次第に粘り気がでる、色がついている

・発熱、咳、喉痛を伴う

・症状は1~2週間程度

 

どちらが当てはまりそうかで大体アレルギーなのか風邪なのかは判断できそうですね。

風邪で他にも症状がある場合は総合感冒薬を勧めるのも良いと思います。

 

アレルギーのお薬(内服薬)

花粉症発症のメカニズムを簡潔に説明しますと、花粉が体内に入ると体は抗体を作ります(IgE抗体)。そこに更に花粉が入ると体の中ではそれらを排除しなければと兵隊を出します(ヒスタミン)。その結果くしゃみや鼻水や涙が出てきます。

そこで使われるのがアレルギーのお薬です。ヒスタミンの働きを抑制するため症状が治まります。

花粉症でオススメする内服薬は大きく分けて2種類あります。どちらも抗ヒスタミン薬ではありますが特徴が違います。

第一世代

クロルフェニラミンマレイン酸塩、カルビノキサミンマレイン酸塩など

特徴:第二世代より効き目は強いが、副作用(眠気や口渇など)も強い。運転や機械の操作をする時の服用は避ける。今すぐ鼻炎の症状を止めたい方にオススメ。

 

パブロン鼻炎カプセル

 

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル

 

 

プレコール持続性鼻炎カプセル

 他の鼻炎薬より成分量が多いです。

 

コンタック600プラス

 

【指定第2類医薬品】コンタック600プラス 40カプセル

【指定第2類医薬品】コンタック600プラス 40カプセル

 

 このへんは大きく変わりはありません。成分量が違ったりはしますが…

そしてほとんどの鼻炎薬には血管収縮剤であるプソイドエフェドリンやフェニレフリン塩酸塩などが入っていますがこれらは高血圧・心臓病・高血圧・甲状腺機能障害・糖尿病・前立腺肥大による排尿困難の方には禁忌です。注意。

 

第二世代

フェキソフェナジン、エピナスチン、ロラタジンなど

特徴:第一世代より効き目は緩やかであるが、眠くなりにくい。服用回数も一日1〜2回と少ないため飲み続けやすい。花粉症の症状が出る前から飲み続けると効果的。

数日では効果がわかりにくいですが、1週間試しても効果が見られない場合は他の成分に変えるか、第一世代の薬に変えましょう。

 

アレジオン(主成分:エピナスチン)

 アレジオンは1日1回の服用になります。眠前にのむと翌朝の重い寝起きには効果的です。肝臓病の方は禁忌。

 

アレグラ(主成分:フェキソフェナジン)

 こちらは1日2回の服用です。要指導医薬品には小児用のものもあります。

制酸剤(胃薬に入っている成分)やエリスロマイシン(抗生物質)との併用は禁忌です。また食後に飲むと効果が落ちるため食前に内服しましょう。

唯一内服後の運転について注意書きがない商品なので一番眠くなりにくいのではないでしょうか。しかし個人差はありますので注意はしておきましょう。

 

 クラリチン(主成分:ロラタジン)

アマゾン検索でヒットしなかったのでリンクはありませんが、こちらは要指導医薬品なので薬剤師がいる店舗での販売です。 こちらも1日1回の服用です。

 

 

第一世代と第二世代の使い分けとしては…

第一世代

・既に花粉症の症状がでており、とにかく今症状を止めることが第一優先。

・第二世代では効かない。

第二世代

・まだ花粉症の症状は出ていないが毎年花粉症の症状がでる。

・今年初めての花粉症かも?(病院に行く方が良いです)

・仕事や運転があるため副作用を避けたい。

 

一時的なら第一世代、長期なら第二世代という使い方ですかね…

 

 まとめ

私はまだ花粉症ではないですが、ほんとまだ花粉症ではないだけでそのうちなる可能性があるためしっかり勉強しておきたいし、この記事が誰かのお役にたてたらいいなと思います。花粉症のお薬は内服だけではないので次回はプラスαの商品と、漢方についても触れていけたらと思います。